読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リリカルまうまう

電子の海にポイ捨て

言わなかった

うはー

落ち着くー
一緒にいると落ち着くーー
ずーっとくっついてたい
はあ



芝浦さんが昔よく行っていたという中華屋さんに連れて行ってもらったんだけど、実家感があって好きだって言うの聞いて、
わたしがご飯つくってあげたい。って思った。
今朝急いでシャツ着てるの見てたら、
わたしが服もタオルもお洗濯してアイロンかけてあげたい。って思った。

芝浦さんのお部屋片付けて、お花でも飾って、美味しいご飯作って待ってたい。



心地よすぎて、認証欲求モンスターも寝ちゃってた。
友達と飲んでから芝浦さんのところ行ったから、もうへろへろに酔ってたし。
芝浦さんの部屋行ってからもずっとお酒飲んでた。
何話したか覚えてない。
オリーブの件は言ってないと思う。
多分……
覚えてない……
言った気もする…………

ただ、芝浦さん優しかったな。
爆音でクラシックかけてたみたいなんだけど、なんか一緒に寝てたら安心して熟睡しちゃった。
いつもの如くエンドレス腕枕。
セックスなしで朝を迎えてからの早朝セックス。
相変わらずわたしは寝てただけ。
朝のセックスいやなんだよ……毛穴の隅々まで見れちゃうし、開脚したときに自分の太もものセルライトが寄ってるのが見えて興醒めだった…
そしてなんか動かれてる最中に膝にちゅーとかされて困惑した。
あとは寝起きにもかかわらずがんがんちゅーされて、これも困惑した。


はあ。
もっとずっと一緒にいたいよう。
温泉にでも旅行にいきたい。
うー。